コメドが出来やすい肌

コメドが出来やすい肌

コメドとは、毛穴に皮脂や余分な角質が詰まってしまうことが原因で起こります。別名、白ニキビとも呼ばれます。肌の表面に白いポツポツができてしまったことはありませんか?これがコメドです。赤ニキビほど目立たないかもしれませんが、小鼻周りや顎などにできてしまうと気になりますよね。悪化してしまうと黒ニキビや赤ニキビ、最悪の場合黄ニキビにまでなってしまうこともありますので、早めに対処したいものです。そもそも、コメドができやすい肌はどんな肌なのでしょうか?それを知ることで、コメドを予防、対処できるかもしれませんね。

 

コメドの原因になるのは、肌の油分と水分のバランスが崩れてしまっていることが多いです。油分が余分に分泌されてしまっている、または、洗顔のしすぎで肌にとって必要な水分や油分を取り除いてしまっている場合にもコメドはできてしまいます。しかもコメドは目に見えているものだけでなく、肌の奥の方にひっそりとできているものもあります。顔を動かしてみると、隠れコメドが見つかることもあります。

 

コメドができやすい肌は、皮膚が硬くなってしまい新陳代謝がスムーズに行われず、皮脂が溜まってしまっている肌です。特に脂性の肌の人ができやすいですが、肌の奥の真皮が乾燥しすぎてしまっている肌でもコメドはできやすいのです。保湿が足りなかったり、汚れやメイクがきちんと落としきれていなかったり、生活習慣が乱れて余分な皮脂が分泌されてしまっていたり、内臓が弱っているときなどにもできます。女性の場合、生理前やホルモンバランスが崩れているときにもできやすくなります。

 

肌はとてもデリケートですので、正しい洗顔方法や正しいスキンケアで、優しくケアしてあげなければなりません。コメドができてしまった場合は、無理に潰して白いものを取り除こうとしたりせず、天然の成分で作られた洗顔料などで丁寧に汚れを落としながら角質をケアしてあげましょう。清潔にしておくことが大切です。